自転車保険はこれで決まり!弁護士が勧める個人賠償保険

自転車に乗るなら賠償保険は必須

自動車やバイクに乗る場合には加入が義務付けられている自賠責だけでなく任意保険にも入るのが一般的ですが、自転車に乗る人の中で賠償保険に入っているという人はまだそれほど多くないかもしれません。
しかし、自転車事故により数千万円〜1億円近い賠償が裁判で命じられることもあります。
自転車は、自動車に比べれば確かに交通弱者なのですが、歩行者に大怪我をさせることもありますし、バイクとの非接触事故でバイク側が大怪我をしてしまうこともあります。
そんなときのために、自分の財産を守るという意味でも怪我をさせてしまった相手への賠償をきちんと行えるようにするためにも、自転車に乗るのであれば賠償保険に必ず入っておきたいところです。
でも、賠償保険って言っても高そうだし、手続も面倒くさい。。。
そう思ってしまう方も多いかもしれません。
そんな方のために!選びました!そして見つけました!安くて、補償もしっかりで、手続も簡単な賠償保険。
それがJCBトッピング保険の、日常生活賠償保険です。
安い、しっかり、簡単!
なんかステマというか普通にマーケティングしてるみたいですが、私はJCBとは何の関係もありません!(念のため)

JCBトッピング保険とは?

JCBトッピング保険って何だよ、と思われた方も多いかもしれませんので、まずその紹介からしておきましょう。JCBは、言わずと知れたクレジットカード会社ですね。国内6000万人以上の会員を有していると言われる超大企業です。6000万枚ではなく6000万人ですから、本当にすごいですよね。
このJCBが団体保険制度を使って提供しているのが、JCBトッピング保険です。
詳しくはJCBの説明を読んでもらいたいのですが、5種類の保険があり、今回私が紹介したいのはその中の「日常生活賠償プラン」です。「自転車プラン」というのもあるのですが、そちらではありません。日常生活賠償プランでも自転車事故による賠償責任は補償の範囲内です(なのに日常生活賠償プランの方が保険料が安い)。

自転車保険はこれで決まり!JCBトッピング保険「日常生活賠償プラン」

どんな内容か、結論から言いましょう。
月額130円の保険料で、日常生活における他者への賠償責任が生じた場合に、最高1億円まで補償してくれる保険です。
補償される例として
・飼い犬が人に怪我をさせてしまった
・子供が店の商品を落として壊してしまった
・自転車事故で人に怪我をさせてしまった
などがあります。自転車事故が補償の範囲であることはもちろん、その他「過失によって」賠償責任を負わないといけない場合が対象になると考えてよいでしょう。
これで月額130円は本当に安いです。
ちなみにJCBトッピング保険には「自転車プラン」もあるのですが、これは、自分の怪我に対する補償内容が自分だけでなく家族にも適用されるという点が「日常生活賠償プラン」よりも広くなっているのですが、その分、保険料が月額260円と高くなっています(これでも安いと思いますが)。
これに対して、他人への賠償責任をカバーできる範囲としては、どちらの保険も自分だけでなく家族の責任をカバーしています。
なので、「賠償保険」という観点からみれば同じ内容で半額になっている「日常生活賠償プラン」の方が圧倒的にお得です。

加入は簡単!しかも翌日から適用!

また、JCBトッピング保険の素晴らしいところは保険料の安さだけでなく、加入の簡単さにあります。

JCBのクレジットカードを持っている方はご存じかもしれませんが、JCB会員になると「MyJCB(マイジェイシービー)」というサイトにログインできるようになり、そこで利用状況やポイントの確認などができるのですが、そのサイト上から申し込みができるのです。
すでに引き落とし口座などは設定してあるため、いちいち印鑑を押したり本人確認書類を送ったりする必要もありません。
サイト上でポチっとやるだけ!
それでいて、保険適用になるのは翌日0時からというスピード適用です。
しかし、ということは、当然のことですが、JCBのクレジットカードを持っていない人は加入できません。ここがネックといえばネックなのですが、ここでJCBのクレジットカードというのは、JCBオリジナルのクレジットカードでなくても、たとえばANAやJALなどの航空会社との提携カードのように、いわゆる提携カードでもほぼ加入できます(厳密にいうと、カード番号が「354」か「355」で始まるカードであれば加入できます。)。
なので、もし個人賠償責任保険に入りたいがJCBカードを持っていないという人は、まず年会費無料のJCBカードを作ればよいでしょう。
ちなみに、もうVISAのクレジットカードを持っていてこれ以上カードを作りたくないという方は、VISAにも似たような保険がありますので確認してみるといいでしょう(私が調べた限りでは、JCBトッピング保険の方がリーズナブルで使い勝手がいいですが、興味のある方は是非自分の目で調べてください)。

加入の前にここに注意!知らないうちに入っているかもしれない賠償保険

まず、個人賠償責任保険というのは、「特約」として生まれたものです。
なので、既に自動車保険、火災保険、傷害保険などに入っている方は、意識せずに特約として個人賠償責任保険に既に入ってるかもしれません。ですので、まずは自分の保険を確かめてみましょう。
火災保険に入っている方はかなり多いと思いますので、忘れずにチェックしましょう。
このような特約として付いている個人賠償責任保険は、それのみ単体で入る場合には金額を抑えて入れることが多いので、わざわざJCBトッピング保険に入ったり切り替えたりする必要はありません。
また、生計を同一にする同居の家族や別居の未婚の子などまで適用される(JCBトッピング保険「日常生活賠償プラン」がまさにそれです。)保険もありますので、生計を同一にする家族がいる方は、まず家族の保険を確認してみることをお勧めします。
今回お勧めするJCBトッピング保険は、それら自分に適用される保険がない場合に、個別の契約として個人賠償責任保険に入りたいという方にお勧めの保険ということですね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016-8-1

    養育費・賠償金の不払い。法改正があるかも?

    養育費・賠償金をもらえるのにもらえない。どういうこと? 離婚時に養育費を支払うことが取り決められた…
  2. 2016-3-7

    「氏」を巡る変わる、変えられる、変えたくない

    佐藤、鈴木、高橋、田中。そもそも「氏」とは? 上の4つは同姓同名探しと名前ランキングさんに掲載され…
  3. 2016-3-5

    認知症男性JR事故死で親族への賠償請求を最高裁が逆転否定

    電車と人身事故を起こしたら親族は損害賠償請求される? 朝、電車通勤している方にとっては「人身事故、…
  4. 2016-2-24

    株式会社より合同会社を設立する方がお得?

    法人成り!なら、合同会社はいかがですか? 会社と言えば「株式会社」をイメージする方も多いかと思いま…
  5. 2016-2-24

    次浮気したら慰謝料1億円、という夫婦間契約

    浮気を防ぐあれこれ 浮気癖がある夫や妻に、浮気をやめろといってもあまり効果がない場合があります。次…
  6. 2016-2-17

    ドローンを巡る法律問題

    ドローン、流行ってます! ドローンという言葉を知らないという人はかなり減ったのではないでしょうか。…
  7. 2016-1-20

    もともと車椅子ならむち打ちにならない?自賠責のおかしな運用

    自賠責は車椅子乗っている人はムチ打ちにならないと考えている 日本の交通事故賠償を語る上で欠かせない…
  8. 2016-1-19

    その撮影、違法です?写真を撮る時の法律問題について。

    写真を撮るときに気を付けておきたい法律上の問題 みなさん、写真は撮りますか?一眼カメラやデジカメを…
  9. 2016-1-15

    店員に土下座謝罪を要求、法律上どうなるの?

    SNSで拡散!店員の土下座謝罪画像 SNSトラブルは後を絶ちませんが問題になっ…
  10. 2016-1-14

    借金と親子~子供に返済義務はあるの?

    親の借金を子供はどうすべき? 親子の関係にもいろいろな関係があります。なかには借金に苦しむご両親を…
ページ上部へ戻る