手痛い代償!不倫慰謝料の相場は?

不倫慰謝料が発生する場合としない場合

不倫をしたら、相手の配偶者から慰謝料請求されることがあることはご存じの方も多いと思います。

では、不倫とは、何でしょうか?

ある人にとっては、異性と2人だけで食事に行くことも不倫になりうるかもしれません。あるいは、手を繋ぐなどの肉体的な接触があれば不倫になるとか、手を繋いでもいいけどキスまでいったらダメだとか、恋人や配偶者に対して、異性との交流をどこまで許容できるかは、人それぞれです。

そこで、裁判所は、不倫慰謝料が発生する場合は、夫婦関係にあることを前提に、配偶者が他の異性と肉体関係に及んだ場合と考えています。

ですので、単に交際中のカップルの浮気や、夫婦の一方が別の異性とキスした程度の話では、慰謝料は発生しないということになります。

 

ずばり不倫慰謝料の相場は?

不倫の慰謝料にはっきりした相場があるとはいえませんが、おおよそ、50万~300万円程度の間に入ると考えておけばよいでしょう。もちろん、そもそも慰謝料請求が認められないという結論になる場合もありますし、300万円以上の慰謝料が認められるケースもありますが、慰謝料が認められるケースであれば、50万~300万円と考えておけばほぼ間違いありません。

この不倫の慰謝料の金額は何によって決まるのかというと、「さまざまな事情を考慮して」と言わざるを得ませんが、大きく分ければ、不倫が原因で離婚に至ったか否かは重要なファクターになります。

他にも、

・ 婚姻関係にある二人の間に子供がいるか

・ 婚姻の期間は長いか短いか

・ 婚姻関係の良好だったか冷めていたか

・ 不倫関係の継続期間は長いか短いか

・ 不倫に至った経緯(主導権を取っていたのが不倫相手か否か)

・ 不倫をした者の態度・言動

・ 不倫相手との間の子供が出来たか否か

・ 不倫相手の資産

・ 不倫相手が受けた社会的制裁の有無・程度

などの事情が考慮されます。

 

相場よりも高い慰謝料を払わせる方法は?

では、不倫相手に相場よりも高い慰謝料を払わせる方法はあるでしょうか?

結論的には、あります。ただし、方法というよりも、一定の条件が重なった場合ということができます。具体的には、次のような場合です。

(1) 相手に資力があること

まずこれがないと始まらないという要件が、不倫相手に資力があることです。相手がこちらの要求する金額をどうやっても用意できないのであれば、そもそも高額な慰謝料の支払いを現実化させることは難しいでしょう。

(2)  示談で解決すること

裁判ではなく示談交渉で解決することも重要です。もし裁判となり判決となれば、裁判所はいわゆる相場から大きく逸脱した額の慰謝料を認定してくることはないでしょうから、当然といえば当然のことです。

(3)  相手に弱みがあること

不倫相手として、どうしても家族にバレたくないとか職場にバレたくないなどのまだ現実化していない大きなリスクがある場合には、その大きなリスクを現実化させない(不倫された側が事を穏便に収めることを約束する)ことで、相場を大きく超える金額を相手から引き出せる可能性があります。

これらの条件が揃ったような場合には、あえて相場を超える金額を請求し、相手の反応を伺ってみてもいいかもしれません。地獄の沙汰も金次第、というわけではありませんが、お互いに良い条件だと思えれば示談ができるわけですから、最初から控えめに請求する必要はありません。

ただし、相場を完全に無視していると必ずしもうまく行きません。一定の落とし所の感覚をつかむためにも、可能な限り揃えた証拠で、相場としてはどの程度の慰謝料を請求できるのか、知っておくことは有用でしょう。

その意味で、具体的事情に即して慰謝料の額や請求方法などのアドバイスを聞くために、弁護士に相談してみるのも良いでしょう。

普通は、弁護士が入った方がより高額の慰謝料を勝ち取れる可能性が高いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016-8-1

    養育費・賠償金の不払い。法改正があるかも?

    養育費・賠償金をもらえるのにもらえない。どういうこと? 離婚時に養育費を支払うことが取り決められた…
  2. 2016-3-7

    「氏」を巡る変わる、変えられる、変えたくない

    佐藤、鈴木、高橋、田中。そもそも「氏」とは? 上の4つは同姓同名探しと名前ランキングさんに掲載され…
  3. 2016-3-5

    認知症男性JR事故死で親族への賠償請求を最高裁が逆転否定

    電車と人身事故を起こしたら親族は損害賠償請求される? 朝、電車通勤している方にとっては「人身事故、…
  4. 2016-2-24

    株式会社より合同会社を設立する方がお得?

    法人成り!なら、合同会社はいかがですか? 会社と言えば「株式会社」をイメージする方も多いかと思いま…
  5. 2016-2-24

    次浮気したら慰謝料1億円、という夫婦間契約

    浮気を防ぐあれこれ 浮気癖がある夫や妻に、浮気をやめろといってもあまり効果がない場合があります。次…
  6. 2016-2-17

    ドローンを巡る法律問題

    ドローン、流行ってます! ドローンという言葉を知らないという人はかなり減ったのではないでしょうか。…
  7. 2016-1-20

    もともと車椅子ならむち打ちにならない?自賠責のおかしな運用

    自賠責は車椅子乗っている人はムチ打ちにならないと考えている 日本の交通事故賠償を語る上で欠かせない…
  8. 2016-1-19

    その撮影、違法です?写真を撮る時の法律問題について。

    写真を撮るときに気を付けておきたい法律上の問題 みなさん、写真は撮りますか?一眼カメラやデジカメを…
  9. 2016-1-15

    店員に土下座謝罪を要求、法律上どうなるの?

    SNSで拡散!店員の土下座謝罪画像 SNSトラブルは後を絶ちませんが問題になっ…
  10. 2016-1-14

    借金と親子~子供に返済義務はあるの?

    親の借金を子供はどうすべき? 親子の関係にもいろいろな関係があります。なかには借金に苦しむご両親を…
ページ上部へ戻る