不倫慰謝料を請求されたときに知っておきたい3つの対応

不倫の慰謝料を請求されたら

不倫慰謝料の請求は、普通、突然されることになります。それは手紙のこともあれば、電話のこともあるでしょうし、直接対面してということもあります。しかも、その多くは不倫相手の配偶者の代理人となった弁護士からの連絡です。

手紙であればともかく、電話や直接対面で突然弁護士から不倫についての慰謝料を請求されたら?冷静に対応する自身がありますか?

不倫はしないのが一番ですが、もし見に覚えのある方は、この記事を読んでおいて損はないかもしれません。

不倫慰謝料を請求された場合の対応としては、

・ 支払い拒否

・ 減額交渉

・ 条件交渉

の3つが考えられれます。請求された場面での即答は出来る限り避け、これら3つの対応を具体的にどのように取っていくべきなのか、こちらも弁護士に相談してみるのが良いと思います。ここでは、一般論として3つの対応方法について解説します。

(1)  支払拒否

まず、金額がどうのという前に、完全に慰謝料の支払いを拒否するということも考えられます。ただし、完全拒否した後、裁判などで不倫関係があったと認定されると慰謝料が高くなる傾向にありますので、実際に不倫関係があった場合に慰謝料の支払いを完全拒否をし続けるかどうかは、弁護士に相談するなどして慎重に考えた方が良いでしょう。

もちろん、肉体関係がないという場合には支払いを拒否して問題はありませんが、肉体関係があると思われてしまうような証拠がないかは一応検討しておいた方が良いでしょう。

支払拒否をするか否かの判断のためには、そもそも「不倫慰謝料が認められるための要件」を知っておくことが大事です。簡単にいえば、婚姻している人が妻又は夫以外と肉体関係を持ち、その相手方が婚姻の事実を知っていること、が要件になります。そして、この2つの要件は、不倫を請求する側が証拠を集めて立証しなければいけません。

逆に言えば、この2つの要件のどちらかが立証できないのであれば不倫の慰謝料請求は認められないので、相手方がこの2つの要件をどちらも立証できるだけの資料(証拠)を持っているか否かが判断できれば、支払い拒否をするか否かの判断がしやすいといえます。

(2)  減額交渉

不倫があったことを認める場合でも、相手の言いなりの金額を支払うことは得策ではありません。

通常、請求する側は、本当に請求したい金額よりも高めの金額を請求していることが多いですし、そうでなくても、こちらが支払いを拒む場合には裁判などの手続を経なければいけないため、その手間を省略できるのであれば一定程度は金額について妥協する、ということも多いからです。

とはいえ、単に「減額してくれ」というだけでは相手も簡単に応じてはくれません。

まず、「このケースで仮に裁判となり判決までいったらいくらの慰謝料が認められるか」を検討する必要があります。そのうえで、相手の請求する金額が裁判で判決まで行った場合の予想金額より高いのか安いのかを踏まえて、減額交渉を行っていきます。

(3)  条件交渉

不倫の慰謝料請求がされた場合でも、必ずしも金額面だけが交渉材料となるわけではありません。

たとえば、妻や夫と離婚してくれるのであれば慰謝料を多めに払ってもいいと考えることもあるでしょうし、第三者に不倫のことを口外しない(特に職場などに対して)などの条件を合意できるかどうかなども重要な交渉のポイントです。

身に覚えのある不倫の慰謝料を請求されると、勢い、金額にばかり目が行ってしまいがちですが、もう少し広い視野で、「自分はこの不倫をどう解決したいのか」を考え、こういった金額面以外の条件について検討しておくのも重要なことです。

これらの条件についても、弁護士に依頼する際にはきちんと伝えておくとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 2016-8-1

    養育費・賠償金の不払い。法改正があるかも?

    養育費・賠償金をもらえるのにもらえない。どういうこと? 離婚時に養育費を支払うことが取り決められた…
  2. 2016-3-7

    「氏」を巡る変わる、変えられる、変えたくない

    佐藤、鈴木、高橋、田中。そもそも「氏」とは? 上の4つは同姓同名探しと名前ランキングさんに掲載され…
  3. 2016-3-5

    認知症男性JR事故死で親族への賠償請求を最高裁が逆転否定

    電車と人身事故を起こしたら親族は損害賠償請求される? 朝、電車通勤している方にとっては「人身事故、…
  4. 2016-2-24

    株式会社より合同会社を設立する方がお得?

    法人成り!なら、合同会社はいかがですか? 会社と言えば「株式会社」をイメージする方も多いかと思いま…
  5. 2016-2-24

    次浮気したら慰謝料1億円、という夫婦間契約

    浮気を防ぐあれこれ 浮気癖がある夫や妻に、浮気をやめろといってもあまり効果がない場合があります。次…
  6. 2016-2-17

    ドローンを巡る法律問題

    ドローン、流行ってます! ドローンという言葉を知らないという人はかなり減ったのではないでしょうか。…
  7. 2016-1-20

    もともと車椅子ならむち打ちにならない?自賠責のおかしな運用

    自賠責は車椅子乗っている人はムチ打ちにならないと考えている 日本の交通事故賠償を語る上で欠かせない…
  8. 2016-1-19

    その撮影、違法です?写真を撮る時の法律問題について。

    写真を撮るときに気を付けておきたい法律上の問題 みなさん、写真は撮りますか?一眼カメラやデジカメを…
  9. 2016-1-15

    店員に土下座謝罪を要求、法律上どうなるの?

    SNSで拡散!店員の土下座謝罪画像 SNSトラブルは後を絶ちませんが問題になっ…
  10. 2016-1-14

    借金と親子~子供に返済義務はあるの?

    親の借金を子供はどうすべき? 親子の関係にもいろいろな関係があります。なかには借金に苦しむご両親を…
ページ上部へ戻る